【寄稿】中国5000万人の「ぼっち市場」がスゴい進化を遂げていた

中国5000万人の「ぼっち市場」がスゴい進化を遂げていた

掲載いただいた。中国人の人間関係は、継続的に興味を持っている分野だったりする。便利さが満たされた後には結局必要なのは自分が必要とされている感覚だったりすると信じているからだ(それっぽい言い方をするならマズローでもひくといい)。

ちなみに、入稿後に中国語で

脉脉报告称设计师等三个职位最孤独,“孤独经济” 诞生

という調査をもとにした記事が出ている。「孤独」と言葉は違うものの、ドンピシャな内容である(ちなみに最も孤独な職業は金融、IT,教育らしい…)。

また、日本語でも

変わる教育(毎日新聞)

という記事が最近出た。ひどくそっけないタイトルではあるものの、面白い。中段に北京の小学校でクラブ活動が盛んになってきているという話題が出ている。

併せて読んでいただけたら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です